• トップ /
  • 不動産屋と仲介業者とは

街角で不動産屋を見かけない理由

街角で一般的な不動産屋を見かけない理由は、そもそも不動産の取引は仲介業者を通して行うことが基本となっているからです。こうした仲介業者を通した不動産に関連する契約のことを媒介契約と言います。媒介契約と行っている消費者と不動産の所有者は、共に取引をするための相手を探してもらうことになりますので、両者が直接的に取引をする機会は極めて低くなっているわけです。ですから、街角で不動産屋さんを見かける機会は非常に低く、ほとんどが仲介業者になっているのです。

↑PAGE TOP